Concept

家族から相続した遺産の各種手続きを世田谷で承ります

財産の種類やケースごとに節税対策のアイディアも提案します

東京の世田谷を拠点に、相続や申告に関するご相談と各種手続きを承っています。地元である川崎、調布、府中方面のお客様にも対応いたします。親や親族が亡くなり遺産を受け継いだものの、何をどうしたら良いか分からない、関連して発生する税金関係の申告が煩雑でよく分からないなど基本的なところからご相談に乗ります。

また、税理士としてプロの視点から節税対策のアイディアもお客様の状況ごとにアドバイスをいたします。生前のうちの暦年贈与、住宅取得資金等の贈与、贈与税の配偶者控除、生命保険の非課税枠などがあります。

オーダーメイドの相続・申告手続きを世田谷を拠点に提供します

少しでも世の中の皆様に役立つ仕事をしたいという思いで公認会計士・税理士としての業務に携わっています。事務所の代表を務める小林智之は監査法人に長年勤務し会計監査を中心に行っておりました。最近では公益法人、医療法人、社会福祉法人などの非営利法人の監査及び財務会計サービスも行っています。そうした幅広い経験を生かして2019年7月に独立し、税理士としては相続やそれにまつわる申告手続きなど地域の皆様に身近な業務を世田谷で承っています。「常にお客様から信頼され、古い体質にとわられず、新しいことにチャレンジする」ことを理念に掲げ、お客様個々に異なるお悩みに耳を傾けます。

ご家族が亡くなられた遺産を受け継いだ場合の各種手続きや申告業務のお手伝いに加え、節税対策などのご相談も引き受けています。

プロの視点から相続・申告・節税対策のご相談を世田谷で承ります

東京都の世田谷を拠点に、相続相談を引き受けています。事務所周辺地域だけではなく、代表を務める小林智之の地元である川崎や調布、府中といった地域のお客様にも対応いたします。営業時間は9時から18時までで、土曜日・祝日は休業日としています。ご依頼の際は、お問い合わせフォームをご利用いただけます。

2019年7月に独立開業した事務所として運営していますが、それまでは監査法人にて会計監査を中心に内部統制支援や不正調査などのアドバイザリー業務を行ってきた経歴がございます。公認会計士としては法人を相手にした業務が中心でしたが、税理士としては、地域の皆様の資産税に関するご相談などを引き受け、お客様の財産を守ることを第一に考えサポートいたします。安心、安全、信頼の公認会計士・税理士として営業中です。

税理士として世田谷を中心に相続・申告手続き業務を引き受けます

生前贈与、遺言書作成、遺品整理、生前整理、遺産受け継ぎなど、お客様の財産・資産に関するご相談や各種手続きを承っています。親や親族などが亡くなり、預貯金や不動産などの財産を受け継ぐこととなった際に、行わなければならない手続きはたくさんあります。故人様の死を悼む間もなく、たくさんの事務的作業が襲い掛かってくるのが現実です。大切な人を亡くし、精神的にも体力的にも大変な中で、個人の力でそうした煩雑な手続きを行うことは困難を要します。プロである税理士が皆様のお力になり、関連業務を滞りなく行うためのサポートをいたします。

また、上手く資産形成を行い、子どもや孫へと受け継いでいくための節税対策のアドバイスもいたします。たくさんの知識とアイディアを持ったプロがお客様の状況に応じた最適な対策を提案します。

皆様のご相談や各種業務を引き受ける代表の小林智之です

事務所代表を務める小林智之は、公認会計士と税理士の資格を所持しています。日本大学経済学部を卒業後、監査法人に勤務し、上場会社の会計監査を中心に担当し、内部統制支援や不正調査などのアドバイザリー業務に携わっておりました。最近では、公益法人、医療法人及び社会福祉法人などの非営利法人の監査及び財務会計サービスも行っており、公認会計士として幅広い業務を経験しています。

2019年7月1日に公認会計士の事務所として独立開業いたしましたが、同年9月からは公認会計士・税理士事務所として運営していますので、税理士業務も引き受け可能です。学生時代は野球に励み、プライベートではヤクルトスワローズのファンとして野球に慣れ親しんでいます。地域の皆様の財産や資産に関する頼れる税理士として、お力になります。

代表の小林智之が税金の豆知識や税理士としての活動を紹介

事務所代表の小林智之が執筆し、財産・資産にまつわる税金や節税対策など、豆知識を分かりやすく紹介します。「財産を受け継いだ場合には、何をどうしたら良いのか」「財産を受け継いだ際に発生する申告に必要な手続きは何なのか」「ケースごとの節税対策」などを掲載いたします。公認会計士・税理士としての活動の様子、各種セミナーなどのご案内も掲載いたしますので、ご興味がある方にとって有益な情報共有の場となるよう心掛けます。

子どもや孫など子孫に財産を残していくためには、それに関連する資産税の対策を行う必要があります。暦年贈与や教育費の贈与といった方法に見られる生前贈与など講じられる節税対策は様々ありますので、プロの視点からアドバイスいたします。そうした情報についても掲載し、皆様に役立湯情報を執筆いたします。