遺言書の執行者とは?

query_builder 2022/01/14
コラム
3

遺言書を執行する際、遺言執行者を選任する場合があります。
では遺言執行者とはどういった人を指すのでしょうか。
そこで今回は、遺言執行者と業務内容について解説いたします。

▼遺言執行者とは
遺言書の手続きをする際、遺言書の執行者を立てる場合があります。
これを遺言執行者と呼びます。
遺言執行者は遺言書の内容が確実に執行されるよう、相続人の代表として必要な手続きを行います。

■遺言執行者になれる人
遺言執行者は、絶対に立てなければならないわけではありません。
相続にトラブルがなく相続人が身内だけの場合、遺言執行者を立てない場合もあります。
しかし相続がスムーズに進まないと考えられる場合は、遺言執行者を立てたほうが良いでしょう。
遺言執行者は相続人が必ずやらなければならないわけではなく、専門家にまかせる方法もあります。
ただし未成年や破産者は、遺言執行人にはなれません。

▼遺言執行者が行うこと
遺言執行者が行うことは、その多くが手続き業務です。
相続が始まったら、遺言内容を実現するためにさまざまな手続きを行います。
その中には、戸籍の収集や財産調査など、手間がかかるものもあります。
手続きの内容によっては、複雑な場合もありますので、専門家への依頼をおすすめします。

▼まとめ
遺言執行者は、相続トラブルが考えられる場合に必要となります。
遺言執行者の主な業務は、様々な手続きです。
難しい場合もありますので、専門家への依頼をおすすめします。
小林智之公認会計士・税理士事務所では、遺言書を執行するための様々な手続きを承ります。
相続税に関するご相談も承りますので、ぜひご依頼ください。

NEW

  • 創業4年目となりました

    query_builder 2022/07/02
  • 確定申告の準備

    query_builder 2022/01/29
  • 相続税滞納のペナルティについてわかりやすく解説

    query_builder 2022/12/01
  • 相続税の税率と計算方法について詳しく解説

    query_builder 2022/11/15
  • 相続税の申告の必要書類とは?手順も紹介

    query_builder 2022/11/01

CATEGORY

ARCHIVE