相続の有効な節税対策とは

query_builder 2022/07/01
コラム
33

相続税の節税対策をしておくかどうかで、税金が大きく変わることをご存じでしょうか。
実は、ちょっとした工夫を施すことで節税が可能です。
そこでこの記事では、相続の有効な節税対策について紹介していきます。

▼相続の有効な節税対策
■生前贈与
相続税の対策で有名なものが「生前贈与」です。
多額の財産を一度に移すと税金がかかりますが、年間110万円までは税金を払う事なく子供に移せます。
そのため毎年110万円以内で時間をかけて財産を分け与える事で、相続税を減らせるのです。
注意点もありますが、基本的に誰にでもできる方法といえるでしょう。

■生命保険の活用
生命保険を活用することで、相続税の対策が可能です。
例えば、生命保険には、非課税枠が500万円まであります。
これを最大限活用することで、大きな節税効果が期待できるでしょう。
ただし、契約者や受取人などの設定に注意が必要です。
対策を行う場合は、専門家に相談しておきましょう。

■祭祀財産の購入
仏壇や墓地などの祭祀財産は、非課税の財産です。
そのためお墓などを購入することで、財産を圧縮しておきましょう。
祭祀財産は、高額な場合が多いのでおすすめです。

▼まとめ
相続税の有効な対策は「生前贈与」「生命保険の活用」「祭祀財産の購入」です。
他にも「住宅取得資金贈与」や「小規模宅地等の特例」などもあります。
どれも専門的な知識が必要で、難しい方法です。
弊社では、様々な専門的な節税対策を紹介できます。
相続税対策をお考えの方は、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW

  • 創業4年目となりました

    query_builder 2022/07/02
  • 確定申告の準備

    query_builder 2022/01/29
  • 相続税シュミレーションとは?使い方も解説

    query_builder 2022/10/01
  • 相続順位は離婚によってどのように変わるのかについて

    query_builder 2022/09/15
  • 相続放棄のポイントと注意点とは

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE