相続税の控除の種類とは?

query_builder 2022/10/15
コラム
40

相続税から一定の金額を差し引く控除。
相続税にはどのような控除があるのか、気になった方は多いのではないでしょうか?
そこで当記事では、相続税の控除の種類について紹介します。

▼相続税の控除の種類とは
■基礎控除
基礎控除とは、財産を引き継ぐすべての人間に発生する控除のことです。
「相続税の控除」と会話や文章で登場した場合は、この基礎控除のことを指すのが一般的です。
相続税は基礎控除を超えたときにかかりますので、引き継ぐ財産が基礎控除を超えなければ申告等は必要ありません。

■配偶者控除
配偶者控除とは、相続人に配偶者がいる場合に発生する控除のことです。
ただし配偶者控除が発生するのは、亡くなった人の戸籍上の配偶者のみです。
内縁の妻は対処外ですので注意しましょう。

■障害者控除
障害者控除とは、相続人に障害者がいる場合に発生する控除のことです。
どれくらいの控除が受けられるかは障害の程度によって異なり、一般障害者は10万円、特別障害者は20万円に定められています。
控除の中では比較的に新しく作られたもので、障害者の負担軽減を目的として定められました。

▼まとめ
相続税の控除は様々な種類があり、それぞれ特徴も異なります。
すべてを把握するのは難しいかもしれませんが、受けられる控除がないか必ずチェックしましょう。
弊社では、世田谷区を拠点として税理士事務所を運営しており、相続手続きのお手伝いをしています。
相続税でお悩みであれば、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 創業4年目となりました

    query_builder 2022/07/02
  • 確定申告の準備

    query_builder 2022/01/29
  • 相続税滞納のペナルティについてわかりやすく解説

    query_builder 2022/12/01
  • 相続税の税率と計算方法について詳しく解説

    query_builder 2022/11/15
  • 相続税の申告の必要書類とは?手順も紹介

    query_builder 2022/11/01

CATEGORY

ARCHIVE